プラグインの使い方

WordPressプラグイン「Token Vendor for WooCommerce」の概要は、WooCommerceの商品タイプの選択肢として「トークン」を追加し、注文が完了した際に商品データに基づいて生成されたトークンを配布できるものです。

トークンには注文IDや商品IDなどの情報が含まれており、これを元に販売元のWooCommerceサイトにトークンの有効性を確認することができるものです。

基本的にプラグインの機能として、トークンが有効かどうかをチェックするだけの機能ですので、コードの制御や他のサービスと一緒に使うことを想定しています。

例えば、独自に作成したテーマやプラグインを販売する際、一部のコードを読ませるためにトークンの有効性を要することで、機能をある程度制御することが可能になると思われます。

詳細は以下の案内ページをご参照ください。